ミライとクラリティFCのガチンコ勝負、ドッチがスゴイか?

トヨタ・ミライに続く世界で2番目の量販燃料電池車『クラリティ フューエル セル』(フューエル セル=燃料電池)が発表された。写真を見て頂ければわかる通り、デザインはお世辞にもカッコ良いと言えない。フロントがアコード級のセダン風で、リアは大衆車的ハッチバック形状。デザインテイストからすればヒョウタンツギのようである。

一方、使われている技術についていえばミライと全く同等レベル。世界レベルでも他メーカーの追随を許さないほど高い。唯一の違いは完全市販したミライに対 し、クラリティの場合は顧客に権利を渡さないリースという点だ。つまりミライは買ったお客が、勝手にラリー車として仕立ててドイツを走らせることも出来る けれど、クラリティだとホンダの許可が必要となる。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ