ロードスターRFの燃費&試乗レポート(永田)

ライトウェイトオープン2シーターの楽しさをごく普通の人にも楽しめるクルマとした“マツダ ロードスター”は、1989年登場の初代(NA)モデルから世界中のクルマ好きやオープンカーファンから愛される存在であり、日本車では極めて稀有(けう)な存在でもある。

2015年5月に登場した4代目(ND)の現行型ロードスターは、ソフトトップの最軽量グレードで1トンを切る車重を実現し、マツダ ロードスターの歴史の中で最小の1.5リッターエンジンを搭載。安全や環境面など現代のクルマに求められる性能を保ちながら、(やむを得ない部分も多々あるが)時間の経過とともにロードスターが失いつつあった原点となる初代モデルの楽しさを取り戻すべく「守るために変えていく」をコンセプトに開発された。<続きはコチラから>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ