全日本EVレース開幕戦レポート(青山義明)

これまでさまざまな車両でこのEVレースに参戦してきた国沢光宏選手。ここ2シーズンは燃料電池車であるトヨタMIRAIでの参戦を続けていたが、今回再びピュアEVで参戦を決定。

その国沢選手が選んだのが、昨年まで太田光紀選手が乗っていたテスラModel Sだ。バッテリー容量は85kWhで、前後にモーターを2基積んだP85Dである。そしてその国沢選手がついにこのシリーズで総合優勝を果たした。

全日本電気自動車レース(JEVRA)シリーズは、2010年に発足したシリーズで、これまで7シーズン35戦、累計参加台数409台にもなり、8シーズン目を迎えた。これまではエンジンを搭載した車両は一切出場ができなかったが、今シーズンからは、レンジエクステンダークラス(EV-R)が新設された。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ