年明け、真剣に次世代エネルギーを考える

ガソリン価格が落ち着き、二酸化炭素の問題が声高に語られなくなったこともあり、電気自動車の普及は踊り場を迎えている。世界初の量産電気自動車である三菱自動車『i-MiEV』の存在感は“ほぼ”無くなってしまい、続いて登場した日産『リーフ』の販売も伸び悩んでしまった。

そんな状況の中、トヨタは突如、電気自動車の開発チームを作ったと発表した。驚いたことに豊田章男社長自らプロジェクトのリーダーとなっており、さらに加藤副社長と寺師副社長が統括役員。クルマ作りをプリウス/プリウスPHVのチーフエンジニアだった豊島氏が担当するという強力な布陣である。<続きを読む>

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ