改めて居眠り運転防止用のカフェインについて

年始は早朝深夜&ロングドライブなどからくる居眠り運転を起こしやすい。アクセルとブレーキの踏み間違え以上に多い事故原因だったりする。高速道路側も対応策を打っておきたいようで、SA(サービスエリア)やPA(パーキングエリア)で、眠気防止効果を持つ飲料を多数品揃えするようになった。眠いと感じたら頭を叩いたり、顔をつねったり、大声で歌ったりする前に眠気覚ましを。

最も簡単に入手できるのはエナジードリンクの代表格『レッドブル』か『モンスター』だ。レッドブルを1本飲むと80mgのカフェインを獲れる。昼間の運転などに代表される“少し眠い”くらいなら、1時間程度は効能を発揮。もっとガッツリと眠気を獲りたいならモンスターで、こちらは薬局などで販売されている眠気防止ドリンクと同等の160mgとなる。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ