新型パッソ。ヴィッツを値引きして買った方が圧倒的に良い?

トヨタ車で最も小さい『パッソ』がフルモデルチェンジをした。このクルマ、開発は100%ダイハツ。したがってダイハツの『ブーン』も全く同じクルマだと思ってOKです。先代モデルは直近の1年間で月平均3500台も売れている人気車ながら、クルマの評価はパッソより売れていないスズキ・スイフトと比べて もお世辞にも高いと言えず。トヨタの“販売力のスゴさ”を象徴している。

ちなみにパッソは同じトヨタのヴィッツや、コンパクトカーで最も売れているホンダ・フィットより一回り小さく、ライバルを挙げるなら、販売台数からすれば失敗作と言ってよい日産マーチや三菱ミラージュ。つまりライバルが存在しないと言ってよかろう。しかし同じトヨタのヴィッツと新型パッソを比べると、圧倒的にヴィッツ優位。というかパッソを選ぶ理由などほとんど無いと思う。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ