朗報。運転中に意識を失った時の対応技術を国が考え始めた

あまり報道されていないが、国交省は世界初となる『ドライバー異常時対応システム』のガイドラインを打ち出した。昨今、疾病などにより発生する痛ましい事故も目立つ。従来は「居眠り運転」として処理されてきた事故の中に、疾病起因も多く含まれていることも世界規模で解明され始めている。これを防ぐ技術を作ると言う内容。

ちなみに意識を失う疾病は考えている以上に多い。挙げると1)心疾患 2)脳疾患 3)てんかんの発作 4)低血糖状態 5)貧血 6)不整脈  7)無呼吸症候群 8)メニエール症候群等々。中には咳き込んだ時に失神することもあるという。決して特殊なケースでなく、加齢により誰にでも発生すると考えていい。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ