次世代パワーユニットの主役は電気になりそうです

20年スパンで考える自家用車のパワーユニットの主役が決定的となってきた。あまり報道されていないものの、政府は2030年の発電コスト目標を公表。驚くべきことに家庭用太陽光発電が驚くほど低くなったのである。何と1kWhあたり12.5円。それまでの数字である29.4円の半分以下!

多くの人が12.5円はどういった意味合いを持つのか解らないと思う。この金額で発電できる電力を使いクルマを走らせると、日産 リーフの場合なら7km走れるのだった。年間走行距離を1万kmとすれば、1万7,900円分といった具合。しかも二酸化炭素排出量ゼロの超クリーンエネルギーである。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ