次期型インプレッサは乗るとスゴイらしい

スバルはニューヨーク国際オートショーで今秋に発売される次期型インプレッサをお披露目した。このクルマ、単なるモデルチェンジではない。少なくとも今後 10年間主力となるプラットフォームを採用しているのだった。ちなみにプラットフォームという概念は非常にわかりにくいけれど、車体の基本構造だと思えばいいだろう。

プラットフォームで衝突安全性や、走りの基本性能、車重、生産コスト、搭載できるエンジンなどが決まってくる。もちろんユーザーからすれば見えないトコロ。どんなプラットフォームだろうと、コストパフォーマンスが良くて安全なクルマがいい。ということで私はプラットフォームについちゃメーカー側の事情だと思っている。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ