歩道に人が居たら必ず一時停止! その通りですけれど‥‥

JAFは突如「横断歩道に人が居るのに止まらない車は9割以上。明らかな道路交通法違反」という調査結果を発表した。原理主義的に言えばその通り。この発表を受け、TVニュースで続々取り上げられ始めている。果たしてドライバーはどう対応したらいいだろう。

道交法の文脈からすれば「歩行者が渡ろうとしている横断歩道は止まれの標識と同じ」と解釈すべきである。なぜ守らないのか? 9割以上止まらないという状況を考えると、多くの人が遵守していない制限速度と同じだと思う。実状にあっていないということだ。

歩行者少ない地域の横断歩道であれば遵守出来ることだろう。けれど東京都内のように歩行者の多い地域になると、渡る意思の斟酌が難しい。厳密に法規を守ろうとすれば、全ての横断歩道で一時停止しなければならなくなる可能性大。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ