直近の3年で原発50基分の太陽光発電が稼働。ぜひ次はEVやPHVを!

電気自動車の日産リーフが実質的な大幅値引きを始めた。数日前にリーフを購入した知人は「補助金を合計した条件が実質的に100万円を超えたので注文してしまいました」。実用航続距離で200kmを超え、自動ブレーキやナビまで付くフル装備の電気自動車が300万円である。100km走って150円しかかからないエネルギーコストを考えれば200万円級のガソリン車より安い。


100円で50km走れるアウトランダーPHEV

なぜ大幅値引きなのだろうか? 日産や三菱自動車があまり積極的でないため、魅力をアピールできていないからである。未だ多少不便な電気自動車を買おうという人は、クルマに対し興味のある人と言うことになる。そういった人からすればリーフはカッコ悪く、そして「環境にやさしい」というだけのアピールだけしかしていない。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ