絶好調のN BOX、まずスペーシアが勝負を挑む?

2017年2月の販売台数ナンバーワンは、トヨタ プリウスが盛り返してきたものの、1月に続きホンダのN-BOXだった。今夏のフルモデルチェンジを控え、モデル末期にも関わらず販売は絶好調状態である。対照的なのはスズキの対抗馬であるスペーシアだ。1万9429台売ったN-BOXの約半分となる1万925台。

軽自動車ジャンルではダイハツと並ぶ2トップというプライドを持つスズキからすれば、何とかN-BOXの独走に待ったを掛けたいところ。折しも今年はスペーシアもフルモデルチェンジを予定している。新型車同士のバトルで圧倒的な差を付けられるようじゃ厳しい。もちろんN-BOX対策をしてくるだろう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ