軽自動車の急速な販売減でダイハツとスズキが突如窮地に陥った

遠からず自動車販売に於けるシェアは50%に達するのでは、と言われたほど好調だった軽自動車が失速し、今や軽自動車バブルの崩壊と言って もよい状況。例えばTVでたくさんCFを流しているダイハツの『ウェイク』(室内の広さを強く訴求している)の2015年12月の販売台数を見ると 2167台で、前年同月比なんと23,2%! オープンスポーツカーの『コペン』も413台しか売れておらず、前年同月比66,3%。

ダイハツの場合、深刻なのがデビューしたばかりの『キャスト』である。11月に9172台。本来ならフル生産に入る12月は7289台とす でに落ち始めてしまった。加えてキャストと同じようなキャラを持つ『ムーヴ』は看板車種にも関わらず前年同月比42,2%。もはや総崩れと言ってよい状 況。ダイハツ全体の軽乗用車販売台数も、キャストという新型車を出したのに前年同月比61,9%という厳しさ。<続きを読む

追記・スズキはプライベートがニュースになったCFに起用しているタレントを切らなかった。自動車メーカーは、そのくらいドッシリしてないとアカンです。スズキ、見直しました。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ