限りなく赤字の50ccバイク、ホンダとヤマハが提携。ホントは撤退したい?

1980年の50cc原付バイクの販売台数は197万8千台。当然ながら全て日本国内工場で作られていた。しかし2015年の販売台数を調べてみると19万4千台!気がつけば何と10分の1になっている。しかもホンダもヤマハもスズキも、それぞれ2~3車型しか生産していない。これだけ少なくなると、コスト的に成立せず。

1051t

そこでヤマハは台湾のような海外工場で原付バイクを生産・輸入したりしているけれど、やはり日本製と同等の品質を確保して運送してくると、生産コストで折り合わない状況。タイ工場で生産している4輪車を日本に持ってきたって安い価格を付けられないことと全く同じ事情だ。ホンネを聞くと、どこのメーカーも「出来れば撤退したいです」。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ