ノートNISMOは久々のホットハッチでした

現時点でクルマ好きの願いを叶えてくれる唯一の存在がNISMO(ニスモ=ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)かもしれない。日産を含め全てのメーカーは「費用対効果が期待できない」という理由により、スポーティグレードをやめてしまった。ホンダですら「フィット」の1,5リッターにマニュ アルミッションを組み合わせた程度の『フィット RS』しかありません。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ