ホンダF1、なぜ苦戦?

ホンダF1の再開第1戦は予選最後尾からワンツー。本戦も若手ドライバーの1台がスタート前のラップでエンジンブロー。ベテランのバトンは馬力を抑えたエンジンで淡々と周回をこなし、何とか2ラップ遅れの完走という厳しい結果となった。この状況を見てこれまで甘かったF1メディアも批判的な報道内容になりつつある。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ