改めて燃料電池を解りやすく紹介します

水素を使用した「燃料電池」という仕組みは新しくありません。水に電気を流すと水素が発生するということが発見された1801年から「水素から電気を作れるんじゃないか?」と考えられていたようです。それが初めて一般の人に知られるようになったのは、アポロ13号の事故。宇宙船の電源を確保するための燃料電池を搭載しており、そのタンクがトラブルを起したことがきっかけでした。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ