日産ノートeパワー、フイットHVと対極のレスポンス!

日産が『シリーズハイブリッド』と呼ばれる新しい技術を投入したコンパクトカーを作ってきた。このハイブリッドシステム、すでにアコードHVやアウトランダーPHEVなどに採用されており、優れた燃費や走りを実現出来るものの、コスト高になるため価格競争力が必要なコンパクトカーでは難しいと言われてきた。

具体的に紹介すると、基本はモーターで走る電気自動車である。今回発売された『ノートe-POWER』も、電気自動車『リーフ』と同じモーターを使う。ただ電池を大量に搭載すると高額になってしまう。そこで電気自動車として走れる距離は2~3kmとし、代わりにエンジン駆動の発電機を搭載。発電しながら走るという寸法。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ