残念! WLTP(国際燃費規格)でもカタログ燃費と実燃費の乖離は変わらない

本日、一部の大手メディアが2018年度から燃費基準を『 WLTPWorldwide harmonized Light vehicles  Test Procedure)』と呼ばれる国際規格にすると伝え、話題になっている。記事によればJC08モード燃費より実燃費に近いと言われているけれど、そんなことありません。WLTPだと不利になるハイブリッド車や軽自動車でも10%程度低い数値になるのみ。

しかもWLTPの施行は今日に決まったことではない。1年以上前から2018年開始をアナウンスしており、経産省と国交省から2016年10月31日に「本日発効します」と発表されている。おそらくどこかで聞きかじった記者が「誰も知らない、ニュース!」だと思ったのだろう。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ