2日目終わってトヨタのラトバラTOPに!

2日目は最終SS(2台同時で走る1,9kmのスーパーSS)で大波乱となった! TOPを走っていたヒュンダイのヌービルが右コーナーでオーバーランしてコースアウト。コースに戻るかと思いきや、走行不能になってしまいそのままリアイアとなったのだ。何とトヨタのラトバラが僅差ながらTOPに出た!

1.  ラトバラ  トヨタ    2:04:59.3   
2.  タナック  フォード   2:05:03.1 +3.8  +3.8
3.  オジェ   フォード    2:05:15.9  +12.8  +16.6
4.  ソルド   ヒュンダイ  2:06:38.8  +1:22.9  +1:39.5
5.  ブリーン  シトロエン  2:07:03.8 +25.0  +2:04.5
6.  エバンス  フォード   2:08:44.0 +1:40.2  +3:44.7

2日目が始まると、依然としてヒュンダイのヌービル好調。少しずつラトバラとの差を広げていく。さらにフォードのタナックもラトバラより良いタイムを刻み、徐々に追い上げてきた。といっても例えば15kmのSSでラトバラはTOPと1,8秒差。レースと違い相手が見えず、しかも全く違う特性持つライバルと秒差のバトルとなる。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ