BMWも低速時自動運転が可能に。ナゾ多き新型7シリーズを試す

フルモデルチェンジした「BMW 7シリーズ」に乗り『日本車はカンペキに出遅れましたね!』と痛感した。メルセデス・ベンツやボルボに続き、BMWも渋滞時の半自動運転機能を採用してきたからである。車速20km/h以下のノロノロ走行であり、かつ先行車がいるような条件だと、ハンドル操作しないでも前のクルマに付いていってくれるのだった。

それにしても新型7シリーズ、存在感が薄い。メルセデス・ベンツSクラスであれば、クルマ好きならどんなクルマなのか知っておきたいところながら、7シリーズになると「どうでもいいや」。実際、自動車業界にどっぷり漬かっている私ですら、あまり気にならない存在です。以下、普通の人からすれば全く関心ないだろう新型 BMW 7シリーズの紹介をしてみたい。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ