CX-5、キープコンセプトは成功するか?

アメリカのLAモーターショーでデビューしたマツダCX-5が日本でも発売となった。先代CX-5はマツダのルネッサンスと言える『スカイアクティブ』の第一作として企画&開発されたモデルで、世界的規模の成功を収めている。果たして2代目も魅力的なクルマだろうか?

写真を見ていただきたい。意外なことに完璧な「キープコンセプト」だった。普通、ベンツでもBMWでも、全てのクルマをフルモデルチェンジすると、次世代は全く違うデザインテーマを取り入れてくる。同じスタイルだとお客さんが飽きるからだ。実際、今までの日本車でもキープコンセプトは失敗続き。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ