DS3パフォーマンスは正統派フランス車! 良いのかそうでもないのかワカラン!

いやいやDS3 パフォーマンス、久し振りにフランス車らしさ全開でした~! といっても「100%魅力的だし良い」という意味じゃありません。どういうことか。最初から書いておくと、このクルマはドイツ車に代表される「誰にでもすすめられるタイプ」の反対というイメージ。おそらく多くの人が、ハンドル握って走り出した途端「乗りにくいですね~!」になると思う。

1071t

そもそもシートからして「あらら?」。写真で見るとセミバケットとフルバケットシートの中間くらいの形状をしている。なのに左右の出っ張り部分はフ~ニャフニャ。乗るときに曲がるほど。なんだ~?と思いながらエンジン始動すると、驚くほどガサツな感じ。シフトフィールだってゴリゴリで「良い」の反対に位置する。

さらにクラッチミートも慣れが必要。初めて乗るとミートポイントを掴み辛く、ついつい回転数上がってしまう。上手なドライバーでもヘタクソになった気分。<続きを読む>


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ