ウーバー人気にタクシーは絶滅危惧種か?(16日)

久しぶりにアメリカ本土に来たら、タクシー事情が全く変わっていた。そもそもウーバーなどに利用者を奪われてしまい、ヒジョウに厳しいそうな。話を聞くと「当然でしょうね」。タクシーの半額くらいで済むし、クルマもコンディション良くドライバーだってフレンドリィだという。

空港での利用も可能になっており、例えばLAXだと2階の出発ロビーにウーバー用の乗降場所がある。LAX近郊でお客を待っており、スマホで呼ぶと10分もしないウチに到着するそうな。ジャクソンビル空港からホテルまで使ってみようかしら。

驚くべき事にLAもサンフランシスコもプリウスタクシーが激増している。ウーバーとの戦いで運航コストを削減せねばならず、燃費の良いプリウス人気とか。しかも30だけでなく20プリウスも多い。プリウスαもたくさん走ってる。ただ新型50についちゃ見かけず。

皆さん「狭い」という。確かにリアシート狭い! 狭いと言うより、シート位置が低く閉塞感ある。50プリウス、世界的規模で評判悪い。また、30プリウスの乗り心地の悪さについちゃあまり問題になっていないようだ。アメリカ人、ガタガタのタクシーでもガマンして乗ってます。

クルマ好きの皆さんはル・マンだと思う。私もアメリカでトヨタを応援します。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ