コインパ1時間1600円! 超小さいスバル360でもネダン同じ

朝9時にスバル360のエンジン始動! まず小倉智昭さんのラジオ番組に呼ばれ浜松町へ。排気ガスの匂いを除き好調である。加速を少しガマンすれば50年間のクルマと思えないほど普通に走ってくれる。全く問題無く到着。駐車場を探すがどこも満車。遅刻しそうになったのでコインパに。

駐めるとき料金を確認せず。55分後に戻って精算したら1600円! どひゃ~! たまに出会うボッタクリ駐車場でした~! 東京都内にゃこういった地雷があるので御注意を。普通、どんな高い地域でも5分歩く覚悟すれば1時間600円の駐車場を見つけられます。

11時30分に浜松町を出発。芝公園から首都高に入り、湾岸線、京葉道路、東金自動車道路、千葉外房有料道路通って茂原。そこから一般道走り、110kmの道のりを2時間掛かって到着。途中、問題は高速の出口で普通車の料金を取られそうになったことのみ。

喜多見さんにクルマを見せると「小さい~!」。運転席に乗り込んでフロントタイヤに手を伸ばし「信号待ちでホイールナットの緩みをチェック出来るなんて凄い!」。改めて考えると、確かに運転席から前輪までこ~んなに近いのだった。どんだけ小さいか解って頂けると思う。

私も三重から東京まで乗って帰る日、フェンダーミラーの調整をしてもらおうと(当然ながら電動ミラーなど無い時代です)人を呼ぼうとしたが、もしやと思い運転席開けて手を伸ばしたら右側は直接調整出来た! フェンダーミラーに手が届くとは予想もしてませんでしたね!

まず喜多見さんを隣に乗せてクルマのコンディションなど。けっこう走るモンだから続いて伊藤さんも乗せ3人乗る! するとどうよ! リアシート、普通に座れるという。乗り心地もバッチリ! 登り坂じゃなければ動力性能だって何とかなる。みんなで凄い凄い! と感心しきり。

そうそう。70km/h以上で出ていた異音の原因チェックのためハイオクを半分混ぜてみた。途中の高速道路で80km/hまで出してみたところ、出ない。ということはやはり燃焼時のノック音だった。無理したら危険でしたね。圧縮比6,5のエンジンで高速ノックは普通じゃありません。

点火時期が早いってことです。とりあえず私より圧倒的な知見を持っている喜多見さんにお任せ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ