スズキのインチキレーダーブレーキはナイショにしておく(19日)

体調イマイチの状況は相変わらず続くものの、キビしい場所が2点に絞られてきた。首筋の強烈な凝りと(首が回らなくなったのでお金無くなったと思ったほど)、右手指の関節痛。このウチ、首は川口のからだげんきに行けば大幅に症状軽減するものの、なかなか時間取れない。往復で3時間掛かります。今日なんか時間取れるけどお休みだったりして。

試しに湿布など試してみたら、限られた範囲ながらけっこうイケる! 考えてみたら子供の頃、ジイサンやバアサン達はトクホン貼ってましたね! 効果あるということでございます。もっと言えば、ジイサンになったってことか? 弱点は外出時に剥がさなくちゃならんこと。不思議なことに調子いいのはラリーやってる時だけ。アタマを振り回されるからいいのかもしれない。

本日、昼と夕方にTVの取材を2本受けました。興味深いことに、三菱自動車の軽自動車を除く車種とスズキの法令違反は全く同じなのに、皆さん前者の方が悪いと考えている。「同じです」と説明すると「そうなんですか?」。今回、多くの一般メディアからスズキの社風について聞かれるけれど、レーダーブレーキの偽装表記についちゃナイショにしてます。

スズキもトップダウンの会社だからして、体質としては三菱自動車に似ているかもしれない。鈴木俊宏社長に期待しているのだけれど、最近の動向を見ると考えなおすべきか? まぁ私がスズキのクルマを買うようなことは当面無いと思う。一方、アウトランダーPHEVは本当に良いクルマだ。取材に来たTVのスタッフに説明すると、皆さん深く納得してくれます。

上はホンダの燃料電池車『クラリティ』とミライの比較試乗の動画です。こんなバイヤーズガイドやって意味あるのかと聞かれたら「全く無いでしょうね!」と即答する。個人的にはミライの方が好みです。でもクラリティの開発チームはめちゃくちゃ頑張ったと思う。前がアコード風。後部シビック的なデザインもアメリカならイケるんじゃなかろうか。

オリンピックはあまりに汚くてイヤになりました。国内は土建屋さんの談合だらけ。国民を対象とした意識調査で最下位だった葬式の花輪にしか見えないエンブレム選考の経緯だってまったく理解出来ない。海外も巨額のコンサルタント料払った会社はペーパー。怪し過ぎるでしょ! 税金を食い物にされているだけです。マソゾエ君と共に「サラバ!」にしたい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ