スバルも後方安全性を確保!(16日)

アメリカでは新型レガシィからブラインドスポットセンサーが採用されているものの、国内導入されず。当面見送りかと思いきや、何と! レヴォーグに搭載されましたね! ブラインドスポットセンサーのシステムは、大半のメーカーが同じモノを使っている。コスト&信頼性に優れるからだ。

ちなみにマイクロ波のレーダーを左右に一つずつ埋め込むというもの。テストしてみたら当然ながらボルボV40のシステムと全く同じに機能していた。車線変更だけで無く、バックで道路に出るときに左右方向からやってくるヒトやバイクやクルマを感知してくれるからありがたい。

今後他のスバル車にも随時採用されていくことだろう。アイサイト3とブラインドスポットセンサーを組み合わせれば、全周の安全性を大幅に向上させることが可能。現時点で世界TOPクラス(1位はハンドルで避ける機能も付くベンツC/E/Sクラス)の事故回避性能を持っていると考えます。

世界最高クラス(日本車じゃ間違いなくTOP)の事故回避能力を持つレヴォーグ1,6リッターの価格は301万3200円。なかなか魅力的だと思うのだけれど、なぜかパッとしない。燃費だっていいのに。それだけスバルのブランドイメージが薄くなっているということなんだと思う。

4161

エンジン誌の読者はぜひ! 楽しいです

ありがたいことに早起きして仕事。本日中の締め切りがいくつもあるのだった。先週末に体調を崩した分を貯めてしまいました。週明けの原稿から全て1~2日遅れといったイメージ。家から一歩も外に出ず、釣りビジョンも見ず。夕方くらいに何とか先が見え始め、深夜に終了!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ