スバル360未だ帰還せず(8日)

未だスバル360が戻ってこない。どうなっているのか全く判らないし、軽自動車は実印や印鑑証明無くても名義変更出来る可能性あるため「とりあえず警察に行った方がよい」とアドバイスされたので相談に。売られちゃったらオシマイですから。すると警察は「売られないと事件にならないんですよ」。

と言いながらいろんなことやアドバイスをしてくれました。警察をあんまり評価していない私が「よくやってくれた」と書くくらいなので、想像していただければ、と。警察を評価していない、と言っても以前から交通関係の警察のことであり、刑事警察は頑張ってると書いてきましたが。

スバル360がいつ戻ってくるかは見えない。ただ名義変更したら即座にアウツだということを警察は伝えてくれたようだ。大きな抑止力になることだろう。それでも売られてしまったら、人を見抜けなかった自分を恥じるしかあるまい。警察や弁護士さんの世話になるのは、恥ずべきことです。

昼間はCOTYの10ベスト開票。選ばれたのは以下の10車種となった。国産車5車種の輸入車5車種。このあたり、いつもビミョウなバランスだ。ちなみに並び順は点数の高い順でなく、エントリーリストの順。この後、11月29日に10ベストを集め最終選考会を行った後、投票になる。

個人的に最高点は大ヒットとなり、歴代軽自動車でダントツスペックのN-BOXか世界最高水準の安全性を持つXC60かな、と考えている。いずれにしろCOTYは開発部門にとって大きな勲章になります。自動車業界にお祭り騒ぎはよく似合う。クールにしてたらクルマなんかツマらん。

<おすすめ記事>

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ