ナイトストーカーズ(13日)

沖縄で発生したヘリ事故の写真を見たら、普通のブラックホークぢゃありませんでした。『ナイトストーカーズ』と呼ばれる特殊部隊に属す機体で、暗視装置や精密地形判断機能などを備えた全天候夜間対機能を持っている。自衛隊も参加して訓練やってるのね、と改めて認識す。

御巣鷹山に落ちた日航機は、少なからぬ生存者が居たと皆さん証言している。しかし救助隊入ったの、翌日の8時30分。それもたった2人がヘリから降りたのみ。生存者の発見は、墜落から16時間も経った11時になってから。この間、誰も決断できず、米軍の出動申し出も断っていた。

正確に書くと墜落1時間後に、自衛隊のヘリが現場上空に達していたが警察などと連携取れておらず、捜索隊の出動に至らない。自衛隊のヘリも暗視装置などの機材が不足しており、現場を去ることになった。今ならナイトストカーズのような部隊の出動を要請出来るのだろうか?

もう一つ日航機事故の「なぜ?」がある。隔壁破壊し油圧ゼロになった後、4つのエンジンの推力を変えるなどして旋回を行っている。常識なら海の方に旋回するのに、どうして山や市街地のある方向に旋回したのだろうか? 事故の責任追及も重要だと思うけれど、こういった検証も必要。

2日くらい前、無謀運転のS2000が市街地でスピンする動画を見たフジTVは、ニュースで「スポーツカーが横転事故を起こした」として取り上げた。動画を見て頂ければ解る通り横転してるの、車載カメラなんですけどね。さらに解説CGとしてS2000じゃなくロードスターを使っている。

デタラメでございます。もう一つ。数日前、女優さんが軽微な追突事故を起こしたのだけれど、報道は「高級外車に乗っていて‥‥」。もうね、スポーツカーや高級外車に乗っていることだけでモンク言いたいみたいな雰囲気。TV局の人だって皆さん高級外車に乗ってますよ。

広島と長崎に原爆を落とされた日から終戦の日に掛け、国家の本質を根底から考えさせられる良質の番組が続くだけに、オタンコな報道は目立つ。

 

 

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ