フランクフルトショー開幕なれど(15日)

ムカシからファッションショーの奇抜なデザインや、モーターショーに出展されるコンセプトカーには全く興味ありませんでした。幸い、コンプトカーって市販車と全く違うカッコをしているため、今でも欲しいクルマがある。コンセプトカーみたいな市販車ばかりなら、クルマ好きを卒業します。

興味深いことに日産とトヨタは似たようなジャンルのコンセプトカーをフランクフルトショーに出してきた。クーペのようなシルエット持つSUVである。いずれもパワーユニットからすればECOカーとのこと。日産はリーフのモーター使い、トヨタを見ると新型プリウスの駆動系を流用しているようだ。

9161t

どうやら欧州はこの手のクーペなSUVが人気になるという判断なんだと思う。それにしても似てます。ルーフからCピラー(どちらも4ドア)あたりの造形は同じといってもよいほど。また、市販車に限りなくなく近いのはトヨタの方だと考える。日産ってバンパーも無いですから。

9162t

この手のクルマ、好きか嫌いかと聞かれたら「あまり興味ありません」と答える。クーペなら車高低い方がカッコ良いし、SUVであればボクシーな方向を好む。クーペなSUVデザインが意味するのは悪路のクルーザー。ダカールラリーやバハで使われる競技車両のシルエットだ。

WRCがこのタイプの車両で行われるようになれば興味出て来るかもしれないが、今のところ「う~ん」です。でもフランクフルトで両車を見た同業者の評価を見ると素晴らしい。私は時代遅れになってしまったのか? この2車に限らず、今のところ魅力感じるクルマはフランクフルトに出ていない。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ