プリウスPHVを見て三菱との違いを痛感す(28日)

横浜でプリウスPHVの試乗会。プリウスと並べたら圧倒的にカコ良いフロントのデザインである! しかぁし! 子細にチェックしてみると、違うのはフロントフェンダーにボンネット、バンパーくらい。本日初めて知ったのだけれど、同じデザイナーなんだとか。信じられないです。

プリウスの顔つき、どんな基準を持ってしてもアカン。方やPHVはどんな基準を持ってしてもカッコ良い。かくなる上は、このデザイナーにプリウスのマイナーチェンジを担当して貰い、PHVのような方向性を狙ったらいいかと。それまでプリウスの厳しい販売状況は続くと思います。

PHVで「素晴らしい!」と思ったのは、下のようなタグを”標準装備”していること。ディーラーで営業担当がオーナーに使い方を説明してくれたら100点である! 聞くところによればこのタグを標準装備することに対し社内で反対意見も多かったそうな。よくぞ押し切った!

三菱自動車も、このくらいのスマートさがあればアウトランダーPHEVの評価はここまで悪化しなかったと思う。しかもアウトランダーPHEVの充電攻撃で困るの、ゴーンさんが大切にしているリーフです。今からでも遅くないからトヨタを見習い充電マナーの啓蒙活動をして欲しい。

三菱自動車の復興に向けた第1歩はアウトランダーPHEVを月間1000台ペースで売ることだと思う。クルマの実力は十分である。飽きっぽい私ですら気に入って乗っているくらい。今まで買ったクルマで一番ハンドル握る頻度が高いほど。売れない理由は三菱自動車のイメージです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ