ベストカーに新井PLのインタビューが(14日)

今シーズンラス前の予選が終了した。アロンソ予選でリタイア。バトンもQ1敗退。結果だけ見たら開幕戦と全く変わっていない状況であります。されどベストカーに出ている津川さんが書いた新井プロジェクトリーダーのインタビュー記事を読むと、相当頑張っているとある。このあたり、相対評価か絶対評価かでどう考えるか分かれるんだと思う。

ブラジルGP、本戦で突如良くなることは考えにくい。頑張っているのだろうが、アウトプットは開幕時と全く同じだということを首脳陣がどう考えるか、でございます。実際、新井PLの話を信じるなら、来期は期待してよい。年初からそうですけどね~。マクラーレンからすればホンダは最大にして唯一に近いスポンサー。悪いことは絶対に言わないワな。

VWも厳しい。この一週間、不正の内容が判明し、対応法を発表することに代表される良い方向のニュース全く無し。一方、ガソリン車の不正プログラム問題は拡大しそうな気配。これまたどんな内容か公表されないモノだからいかんともしがたい。売れ行きは世界規模で値引きを拡大しているもののジリ貧である。いつ「底」が見えるのだろうか?

ただVWを買おうとしているなら良い機会かもしれません。値引き拡大している上、セールスマンだって危機感持っているからこんな時に来てくれるお客さんは印象に残る。値引きしてくれるなら買ってやる、という方向で無く、買いたいけど御予算限られているという交渉が効果的かと。なかでもおすすめは自動ブレーキ標準装備の新型パサートです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ