ホンダの歩行アシスト(12日)

少し古いニュースながらホンダは「歩行アシスト」のリースを開始する。重量わずか2,7kgの装置を腰と太ももに装着するだけで「立てるけれど歩けない」程度の人が歩けるようになるそうな。今のところリハビリ用という位置づけながら、将来性ということを考えれば様々な用途が考えられます。

最も期待されているの、介護用だろう。高齢者の増加により、人手に頼る手厚い介護は難しくなっていく。歩行アシストの上半身仕様など作れば、一人での介護も幅が増える。今のところ1セット1ヶ月あたり4万5千円と安くないけれど、普及することにより安くなっていく。1ヶ月1万円になれば素晴らしい。

やがて全身をカバーするようなシステムが出来てくると、荷物や人を背負って長い距離を歩けるようになる? ギックリ腰予防装置としての需要も大きい。もし70歳まで生きていたら、こいつの助けを借りて富士山なんか登れるかしら? アシモより多くの用途がありそうだ。

中国は連日極めて政治的な為替操作を行っている。基本的に中国元はドルと密接にリンクしている上、レートは中国政府が独自に決めてきた。このところ中国元はドルと連動し、ずっと高かったということです。しかし中国経済を見ると明らかに失速しており、好調なアメリカとリンクさせると厳しい。

中国からの輸出が不利になるからだ。そこで最近中国元を安くする方向に舵を切り始めた。これまた中国経済をソフトランディングさせるための作戦です。近隣諸国にケンカを売ろうとしている中国ながら、足下が厳しい。こうなると心配なのが暴走。中国の動向には注目しておくべきかと。

体調悪いの、いわゆる「夏風邪」というヤツのようだ。長引くし、ウイルスによるものらしく効果のある薬は無い模様。ダルいしノド痛いし困ったモンであります。「病は気から!」とばかり炎天下にジョギングしてみたら、酷くなってしまいました。太るの覚悟で栄養あるモンでも喰うか?

 


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ