ボルボD4の燃費、素晴らしい(23日)

日本発売となったボルボのD4ディーゼル搭載のV40で実用燃費を計ってみた。といっても特殊な乗り方をしたって意味なし。自宅で燃費計をリセット。とりあえず中央道に調布から入り、松本方面へ。高速燃費は飛び抜けて良い感じでこそないものの、速度変化に極めて強い。

7232

諏訪まで来ると風が心地よい

プリウスの場合、80km/h巡航なら27km/Lくらい走るものの、追い越し車線の流れに乗って走れば20km/Lを割り込む。V40だと80km/h巡航で24km/L程度ながら、追い越し車線の流れに乗ったって20km/Lというイメージ。燃料価格を考えると、80km/h巡航でハイブリッド並。追い越し車線なら安い。

安曇野ICで降り、ここから超狭い峠を二つ越え、上田へ。3速と4速、5速を使うつづら折れの道はさすがに燃費悪く16km/Lくらいに低下。こんな道を50kmほど。さらに一般道を碓井軽井沢ICまで走って練馬まで。総走行距離450km。燃費20,2km/L。で、燃料代は2600円というから素晴らしい。

満タン1000kmなら余裕である。いや、高速巡航だけなら23km/Lくらい普通に走るため、55L使ったとすれば1265km。少し頑張ったら東京~鹿児島の無給油走行が可能かもしれません。やろうとは思いませんけど。それでいてトルクフルだから乗ってて楽しい。輸入車買うならディーゼルです。

7231

S4のラリー車作りをしてるいとさんのフェイスブック見たら、タービンとエキパイを分離したという。スンゴイ手間らしい。やはり競技中にタービン交換となったら、アッセンブリで対応するしかないだろう。とは言え私のような貧乏チーム(なんたってスペアパーツをほとんど用意できない)だと壊れる=リタイアです。

前日書いた前田さんの事故の件、Jcastというメディアに私の意見が出ていた。軽微な事故なので後追い取材はしていないけれど、ブツかった場所は前田さんのクルマの前側面と、タクシーの後側面。見えてるクルマにブツけることなど普通なら考えられない。クルマを運転する記者なら想像出来るだろうに。

トヨタの顔に泥を塗ったという表現も笑止! 運転していたことに激怒するどころか、モリゾウさんなら「なるべく早くそういった事故を防げるクルマを作らなくてはなりませんね」(少し盛ってみました)みたいな対応かと。自動車メーカーの目標は、多少のうっかりミスなら事故をカバー出来るクルマ作りです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ