ボルボV90。1台でやるなら素晴らしいと思う!(9日)

昨日からボルボV90のT6に乗っている。2リッター4気筒ターボ+スーパーチャージャーエンジンから320馬力/400Nmを引き出す。4WDです。価格は大型液晶画面付きナビや、世界最高のフル安全装備、ナッパレザーの電動マッサージ機能付きシートなど全て標準で799万円。

333馬力のベンツE400 4マチックが1050万円なので、圧倒的にリーズナブル。というか2台を並べたら明らかにV90の方が上級モデルに見える。ネダンを言わずウチのヨメさんに見せたら「高そうなクルマね」。ちなみに254馬力のT5でも843万円のベンツE250より圧倒的にパワフルで664万円。

掴みはOKである! インテリアも質感高い。EクラスやBMW5シリーズの場合、Sクラスや7シリーズがあるため、遠慮しているとハッキリ解る。V90は最上級モデルだからして、上質感を追求してます。これまた「高いクルマに見える」という雰囲気をバッチリ出せていると思う。いいね!

走りはどうか? 乗り心地は「普通」。格段良くも無ければ、不満を感じることも無い。通常タイヤのE400にゃ届かないけれど、ランフラットタイヤ履いてるEクラスより良いです。個人的には100kg軽くて18インチタイヤ履く(試乗車は255/35R20という凄いサイズ)664万円のベースグレードが気になる。

それにしてもカッコ良いす! 低くて幅広くてシャープな面構成のボディは街中で目立つ。永田じゃないけれど毎日の暮らしに変化を付けたいなら、こんなクルマが面白いかもしれません。デザインと雰囲気だけでも相棒にする価値ある。もちろん事故を防ぐための装備は万全。

ホンダF1、もはやナニがどうなってるんだか全く解らない。現場責任者はメディアインタビューをキャンセルして帰国してしまい、ホンダ側の状況を説明するヒトがいなくなってしまった。こういう時こそしっかり情報を出し理解して貰うのが「スポーツ」という文化である。戦争してるんじゃないんですから。

・追記 長谷川さん帰国説は、関係筋が流した間違い情報だったようだ。最終日も姿を見せているという。3日目のテスト後に取材しようとしてチームを尋ねたメディアが「帰ったんじゃないの」と言われたらしい。実際いなかったらしく、3日終了後の動向は世界中のメディアが伝えていない。敵ばかりです。

ホンダのF1担当者は「モータースポーツってナニか?」を思い出して欲しい。なかでもF1について言えば、みんなやりたいけど予算や技術力の関係で出来ない、素晴らしいお祭りである。それに参加していることを誇りに感じるべきだ。トヨタWRCは苦闘しても表向きだけでいいから明るくお願いしたいです。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ