マツコデラックスさんとモリゾウさん(1日)

VWの不正問題で自動車を巡る社会的な雰囲気はあまりよろしくない。そんな中、マツコデラックスさんがトヨタの工場を訪れるというTV番組を見た。原稿の合間にホンのチョイトのつもりでの立ち見から始めたのだけれど、最初から面白い! モリゾウさん、イキナリLF-Aに乗って出迎えです。おまけにブリッピングなんかカマしてエンジン音聞かせてるし。

打ち合わせなどほとんど無かったのだろう。業界のジョウシキから考えれば隠しておきたいようなこともドンドン出てくる。社員食堂でモリゾウさんの隣に座ったのは正社員になりたいという単身赴任の人だったり等々。元町工場のネーミングが「元・町工場」(元々は町の工場という意味)だということも初めて知りましたね。ラインの課長の社内移動車のドレスアップもマイッタ。

しかもモリゾウさんフルアテンド。結果的に強烈なトヨタのイメージアップになった。この人が社長の会社のクルマなら買ってもいいな、と思うだろうし、トヨタ車に乗っている人も大満足したに違いない。他のメーカーもモリゾウさんの存在感に負けないよう頑張って欲しいです。トヨタが全てのクルマに優れた自動ブレーキを付けられるようになったら、一人勝ちになるかと。

本日連絡あり「WRX S4のエンジン、かかりました」。一昨日のこと。天才喜多見が珍しく泣きを入れたため、知り合いに紹介していただいた東京スバルのとある営業所の工場長に相談したら「明日は休みなので見ましょう」。ということで文頭です。私ら、トラブルの原因追求を4日間も行った。何度もバラしちゃ組んでいる。結果、セキュリティ関係なのでお手上げという結論に。

しかぁし! セキュリティと全く関係の無いミスでした。内容を書くと喜多見さんが落ち込むのでナイショです。たまにゃ凹むのもいい? 私なんか凹みの日々ですから。それにしてもその道のプロは素晴らしい! 考えてみたらアジパシに出てた時はディーラーメカにサービスを担当してもらったのだけれど、ラリーメカの皆さんレベルの高さに驚いてましたね。

これでWRX S4もタイランドラリーに向け最終確認に入れます。果たしてどんなポテシャルを見せてくれるのか楽しみ!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ