リーフでジムカーナやって大井にコケ負け(17日)

千葉の山奥にある廃業したアウトレットでリーフのメディア対向ジムカーナを行うというから、大雨の中、早起きして茂原へ。ちなみにジムカーナ、やったことない。ベストカーガイド編集部に居た時から、ジムカーナでの性能比較だけ企画しなかったです。別にジムカーナ嫌いじゃないし、ナメてもいない。むしろ逆で「すげぇな!」と思う。自分ぢゃやりたくないだけ。

そもそもコースを覚えられないし、どうやったら早く走れるかも考えたことなし。今回いろんな意味でパス出来なくなり「1度くらいやってみっか」となった次第。会場に着くとどうよ! ベストカーの時からジムカーナ大好きだった大井タコ之センシュが居る。乗り方を教えろ頼んだら「アクセル全開でしょ!」。ホンとかよ! 確かにジムカーナ見てると派手なターンとかしてる。

コース設定は日産の実験部のヒトなのだが、驚いたことに全日本ジムカーナで年間チャンピオン経験者であり、現役。自動車メーカーの実験部は上手なヒトが多いけれど速いヒトとなるとイッキに減る。競技やってるヒトで、かつ結果も残しているヒトは速いです。ジムカーナやりたくない病の一つである「コースを覚えられない」を何とかクリアしてタイム計測。

するとどうよ! 速いんだか遅いんだかワカラン。2本目は少しライン取りを変えたけれど1分少し切るコースで0,1秒しか変わらず。とりあえずその時点で何とかTOPタイム。そして大井センシュの番。走りを見たら「ええっ? そうなの?」。超ベタ抑えなのだ。驚く! 後で聞いたらウエットは特に抑えた方がいいという。タイム見て家に帰りたくなった。2秒近く速い。

これだけコケ負けするの、初めてである。ちなみに全日本ジムカーナ選手が参考タイム計測すると、ホンの少しながら大井選手より速いタイムを出してきた。でも大井センシュより速い同業者はいないでしょう。「もう一回走らせてくれたら」と思ったが、競技に「タラ/レバ」は無い。もう2度とジムカーナなんかやるものか! と考えつつ、参考にさせて頂きます。

ジムカーナやったロングウッドステーション

どこかで見たことあるなぁ、と思い帰宅して記憶を辿ってみたら、上のミュージクビデオでした~。ホンダのペンギンでスタートするのだけれど、その部屋こそ今回日産がベースとして使っていた部屋。そして中盤から登場する広場にジムカーナのコースを作ったのだった。とても感じの良い場所ながら、いかんせん交通事情悪い。周辺道路、狭くて流れ悪いのだ。

帰宅してニュース見たら元野球選手ネタしかやってない。全く興味ないので原稿書きがすすみます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ