三菱自動車のブランドイメージ(8日)

連休中、三菱自動車についてジックリ考えてみた。週末はディーラーも覗いてみた。すると意外にもお客の姿が。営業担当の人に話を聞いてみたら「ご立腹の方もいらっしゃいますが、頑張れと言ってくれるお客様も少なくないので頑張れます」。総合的に考えてみれば、三菱グループにとっても自動車を止めるのは得策じゃないと考えます。

三菱不正問題、海外でも報じられている。タイやマレーシアやオーストラリアやニュージーランドの知人から「ミツビシは大丈夫か?」という連絡を貰った。皆さんミツビシというブランドが好きだったり、憧れている。冷静になって考えてみると、東南アジアでもオセアニアでも欧州でも中東でもミツビシと言えば自動車メーカーであり、それ意外のミツビシのイメージなど皆無に近い。

改めて我が国を考えてみた。クルマ好き&クルマ好きでもない人に「三菱」というブランドと「スリーダイヤ」のエンブレムのことを聞くと、ほぼ全ての人が筆頭に自動車を挙げる。考えてみたら三菱重工は一般人向けの製品などほとんど作っておらず。三菱商事も、お付き合いのある人を除きイメージ薄い。三菱自動車より小さいと思っている人も。<続きを読む


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ