久々のエールフランス(11日)

成田空港に着いたら「あらら!」。世界で笑いものになっていた「空港敷地に入るときの身分証明書チェック」が無くなっていた。パスポートや免許証を雇われの警備員に見せてテロを防ぐ、という脳天気を今まで愚直に続けてきたこと自体、我が国の事なかれ主義のダメさ加減の証明でしたから。

これで警備関係のコストは大幅に減るだろうから、空港使用料の引き下げも行うべきだ。そんなことやってるから羽田空港に国際線をドンドン持って行かれる。常識的に考えれば移動コストが安く済む羽田の使用料は高くても納得だし、 交通費たくさん掛かる成田なら使用料無料にしたっていい。

成田から久々のエールフランス。エアバス作っている国のフラッグキャリアにもかかわらず、機材はB777-300。なんで? 赤ワインはフレンチだけなのに。しかも整備悪いのか、エンジン始動時に振動&異音出るワ、離陸時の空力的振動大きいワで、怖い。巡航状態になると普通のB777ですけど。

定刻より50分早くシャルル・ド・ゴール着。コ・パイが着陸したのか、最終進入で右に曲がったと思ったら左に曲がり、またまた右に。初心者が交差点曲がるような切り過ぎ修正でございます。素晴らしいドライバーを輩出してる国ながら、バラ付き大きいんだと思う。日本はアベレージの国であります。

相変わらずの激しい渋滞で感じたのは日本製バイクの減少。10年前ならバイク=日本製だったものの、今やKTMやピアッジオなど急速に増えてきた。大型バイクだってBMWやハーレー多し。この分野も日本勢は厳しい状況になっているようだ。考えてみたら日本市場だって輸入車が急増してる。

モンマルトルのホテルにチェックインし、近所のビストロで、とりあえずLeffeの生ビール。続いてフランスに来たら必ず食べたいタルタルステーキ (焼いてない生のハンバーグをイメージして頂きたく)を頼み、大満足してル・マンの予選見る。明日は朝早いTGVでル・マンに行きます。

6121

6122

6123


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ