大韓航空の事故、下手すれば住宅地に墜落してた(27日)

いやいや相当アブなかったです! 大韓航空の事故、単なるエンジントラブルだと考えたらアカンと思う。驚いたことにフルパワー状態にしたエンジンのタービン(壊れた場所から推測すると、燃焼ガスのエネルギーを受けるタービンそのものだと考える)が破損し、カバーを吹き飛ばしている。1度は自動消火器稼働して火は消えたものの、停止後に再発火。

その後も火は消えず。離陸滑走直後だったから難なく停止出来たけれど、V1(離陸決定速度)に達していたら滑走路で止まりきれないから右エンジンを緊急用出力にして離陸しなければならない。滑走路の全てを使い切るあたりでV2(離陸できる速度)。文字通りヨタヨタ上がるだけだし、右エンジン1基だと基本的に左へ曲がろうとする。右への旋回は難しい。

加えて本日は強い右からの横風。右旋回はさらに難しい。羽田のC滑走路、真っ直ぐ進むと品川駅、六本木、新宿。只でさえC滑走路を離陸した飛行機は、けっこうな右バンクをしなければらならない。そもそも速度だって必要。上昇も右旋回も出来ないウチ、火災は広がる。海に出るような右旋回、難しいと思う。最悪、住宅地への墜落もあったかもしれません。

もう一つ驚いたのは荷物持ってる人が多いこと。サンフランシスコで墜落したアシアナ航空から緊急脱出した時も皆さん荷物をたくさん持っていた。キャビンアテンダントを含む韓国人気質なのかも思いきや、今日もガーメントバック持ってる人までいました。全部が韓国の人と思えない。キャビンアテンダント、脱出方法を指示しないんだろうか。

そもそも下にサポートする人のいない脱出シュートも。非常口席に座る際、サポートを頼まれるだろうに。100歩譲って非常口シートのヤツが全部逃げたとしたって、誰かサポートしてやるべきだ。これまた全員韓国人の乗客と思えぬ。日本人も同じです。寒風の中、乗客を30分以上放置する対応も問題大きい。いろんな反省をしなくちゃならんでしょう。

大島優子が物損事故

あまりの未開発国並の動きに悲しくなっていたら、ネットで上のリンクの記事が。コインパーキングで物損事故を起こしただけなのに「主演舞台は予定通り」。物損事故で主演舞台を降りることも考えろってことか? おたんこメディアの筆頭候補。大韓航空の危険度の高さや、対応のまずさに比べれば重要度は1億倍を超える。同業として情けないす!


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ