日本海で冬の台風ポーラーロー発生!(11日)

本日も大阪オートメッセで終日修行であります。心配された雪も大阪だけ降っていない。とはいえ日本海側は大荒れ! 最近注目されている『ポーラーロー』(冬に発生する台風のような気象)が秋田沖で観察されるなど地球温暖化(ぷっ!)の影響により寒気大暴れ中である。

ポーラーローは高緯度地域で寒気団の中に発生する渦巻き状の低気圧で、小型ながら強い風をもたらす。台風と違い進路予想など出ないけれど、大きな被害をもたらすことも多い。寒冷化により強いポーラーローができることもあるだろうから、キチンとした予報をすべきだと思う。

スウェーデンではラトバラがポーラーローの目玉になっている! いやいや信じられない順位だ。なんたって12月までトヨタWRCチームにラトバラの名前なし。ハンニネンをファーストドライバーにしていたら、開幕戦モンテカルロもスウェーデンも厳しい結果になってましたから。トヨタは幸運だ。

加えてラトバラとトヨタは”ケミストリーが合う”のだろう。精神面の弱さを言われてきたラトバラなのに、安定している。もちろん最終日のアクシデントだって大いにあり得るけれど、18年ぶりにカムバックしてきたトヨタからすれば、最終日をTOPで迎えただけで大成功といっていいほど。

アメリカではトランプ旋風。興味深いことに今まで悪口一辺倒だった日本のメディアながら、阿倍さんが厚遇されるや雰囲気一転。もちろん全面的な賛成をしにくいのだろう。重箱の隅をつつく無様な足の引っ張りをしているものの、全体的にトランプ凄いぞ良いぞになりつつある。

そもそも他の国の大統領なんだから、一喜一憂するのはアンポンタンである。もう少し冷静になって様子を見た方がよい。自動車問題だって先方の交渉相手や先方の希望条件すら決まっていない状況。自動車業界は自主的に問題点を探り、対応方法を検討していることだろう。

だらしないのは日本の輸入車業界である。本日も某インポーターの代表と話をしたけれど「できない」「難しい」「売れない」の連発。否定から入ったら前に進めない。売るための方法やアプローチ、変更しなければならない法規や税制などあぶりだし、主張したらいいと思う。

日曜日はお昼までオートメッセ。終了後、東京に移動してWRCスウェーデンの生放送の怪説です。20時からJスポーツ3なのでぜひ御覧ください。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ