日本車も輸入車もTVCFをバンバン打ち始めた~(31日)

台風一過の好天の中、長野県方面へ。朝は秋の空気みたいだったのだけれど、徐々に気温上がり始めました。まだ太陽の位置が高いため、晴れれば暑い。気象庁によれば9月の残暑は厳しいと言う。こらもう逆張でしょうり。少なくとも関東以北は8月と同じ傾向かと思う。東日本の8月は関西と対照的に暑い日が続かなかった。このまま秋の雰囲気でございます。去りゆく夏を楽しみたい。

日本ではあまり報道されていないけれどタカタのインフレーター1万4千個を積んだトラックが爆発したという。インフレーターは火薬。爆発しておかしくないけれど、なぜ同時? ブルームバーグによればトラックの場所に穴あくほど激しい爆発だったそうな。現在米当局が調べているようだ。謎多し。電気の通っていないインフレーターが爆発する理由を知りたいです。

最近、TVで自動車のCFをよく見る。日本の自動車メーカーだけでなく、ベンツやミニやボルボまで。けっこう見るということは、けっこうな本数を流していると言うこと。一つは「クルマを売りたい」ということなんだろう。世界で利益を挙げている日本車のメーカーからすれば「日本に投資して売りたい」ということなんだと思う。ホンダが好例だけれど、日本だけ赤字なのだった。

日産も日本の市場が厳しい。こういったメーカーは何とかしようと動き出しているし、ダイハツやスズキも軽自動車の販売台数を改善させなければ収益に問題出てきます。輸入車勢は円高ユーロ安による為替差益をTVCFに投資しているのだった。こういった動きが出てくるとユーザー層もクルマに関心を示す。9月以降、販売台数はプラスに転じるかもしれない、と予想しておく。

東京都の豊洲市場、様々な不正が出てきそうだ。そもそも豊洲市場の建設費からしてベラボウに高いのだという。マスゾエさんはあんな人だったので、業者とのつきあいもお上手だったのかもしれません。今後、様々なスキャンダルが出てきそうだ。週刊誌などが「ネタになる!」と踏んだら、驚くような情報が出てくる可能性ある。オリンピックの予算高騰と同じ根っ子だと思う。

情けないのは1日700万円という維持費を根拠無しにメディアが伝えていること。流れを見てるとメディアは市場移転賛成派にしか感じない。考えてみたら原発もそうだった。明らかな”悪事”だと発覚するまで、大手メディアはお金で動く。興味深いことに「もはやコレマデ」になると、正しい方向に動く。築地の場合「もうすぐ」。2020年の東京オリンピックもガッツリ不正を掘り出して欲しい。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ