次期型インプレッサ、安全装備フルに付いて200万円切るらしい!(16日)

10月に発売だと言われている新型インプレッサながら、ここにきて価格の情報が流れ始めている。驚いたことに、ベースグレードは200万円を切ってくるようなのだ。これ、本当なら素晴らしい! というのも新型インプレッサ、全グレードにアイサイト3と歩行者用エアバッグ、そして世界最先端の衝突安全性を持っているのだった。素晴らしい!

搭載されるエンジンは1600ccで、なおかつFFながら、これだけの安全スペックを持つクルマが200万円以下なら相当のインパクトあります。絶対的な動力性能は現行モデルの2リッター程度だろうけれど、アイサイト3のアダプティブクルコン使って走れば性能など気にならない。さらに「ドイツ車並」と前評判の走りの質感を持っているなら申し分無し。

連日オリンピックで盛り上がっている。私は何の努力もしてないのに、選手の皆さんがワクワクさせてくれるのだから嬉しい。やはり「運動会」って楽しいと思う。ただ開催にお金を際限なく使ってイイ、ということにはならないです。東京オリンピック、政治と企業の癒着が目立つ。箱物でムダ使いをするなら、選手の育成予算に回して頂きたいと切望します。

数日前に書いた通り、今年は台風の進路がおかしい。太平洋高気圧の場所が例年より東にズレているからだ。天気予報を見ると台風去った後は太平洋高気圧が本来の位置に張り出し、暑くなると言ってます。地球温暖化(ぷっ!)を信じている人からすれば、暑くならないとアカン。夏の前半、西日本は暑かったけれど、東日本は暑さが続かないですから。

されど「地球温暖化はウソ」の観点からすると、今後も寒気はやってくると考える。日本の天気予報に出てこない広域の天気図を見ると来週の火曜日あたりから再び寒気がやってくるため、暑さは和らぐと思います。そして東日本についちゃ暑さと涼しさが交互という今までの状況が続くだろう。西日本が暑いのは、あと1~2年続くかもしれません。

夜、シンゴジラを見に行く。情報を得たくない人は、ここで他のページに移動してください。以下、スペース空けておきます。

神楽坂キヨサブローさん曰く「ただ歩いているだけで殺される映画です」。この話を聞き、どんな映画なのか逆にワクワクしちゃった次第。結論から書くと「音楽がヨカッタ! 足音がヨカッタ!」。音楽も足音も今までのゴジラで使われていたモノですけど。というか、上映始まるとお笑いなのかと思った。地震対応について訴えたかった、という人もいますが‥‥。

私なら最後にもう少し「世界から助けられる案外悪くない評価の日本」を打ち出したと思う。見終わった後「なんだったの?」という気分にさせられます。なるほど「歩いているだけで殺される映画」と言われるだけある。加えて東日本大地震から得たヒントばっかり! プッツマイスターまで出てきたのにはウなりましたよ。「日本政府の対応、ダメでした」映画か?

映画館、空いているのでぜひ! 最初に出てくるゴジラの幼体の目に大笑いしました。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ