水素ステーションのプライドの低さが悲しい(26日)

ミライに水素入れるべくエネオスの杉並水素ステーションに電話する。本来なら営業してる時間なのに、なぜ電話するのか? やってないことが珍しくないからだ。案の常「メンテ中です。17時までに稼働出来るかどうか微妙です」。ここの水素ステーション、10回で3回くらいの確率で使えないのだった。もはや大切なエネルギーを供給してるというプライド無し!

メンテが必要なら休日や、営業時間外にやればいい。営業時間だって土日を除く9時30分~17時と短いのだ。使えない理由を聞くと「高圧だし水素は新しい燃料なので」と言うけれど、スタンドって単に水素入れるだけ。比較にならないほど複雑に作られているミライなんか全くトラブル無し。自動車産業と燃料産業の技術の差が大きすぎて話にならん。

自動車産業も燃料産業も同じような能力の人材が就職しているのに、なぜこれほど徹底的な技術力とヤル気の差が出るのか不思議でならない。エネオスにゃ「燃料を安定的に供給するのが責務」という意地が無いのだろうか? 電話して「メンテ中なんですよ~。開始時間も解りません~」というヘラヘラした返事をされる度、悲しくなってしまいます。

三菱自動車の燃費不正の件で、まだメディアからの問い合わせがある。残念ながらレベルの低い記者も少なくない。今日なんか「スズキはカタログ燃費より実燃費の方がいいそうですね」。をいをい! そんな話、どこで出てるんだ? 聞いてみたら、ネットで話題になっているそうな。どんなネットなのか聞くと、もはや3流とか4流とか便所の落書きレベル。

武士の情けでメディア名は書かないけれど、一次情報もヘチマも無い。そもそも実燃費の乖離が少ないと言われているのは一部車種だけ。分母だって解らない情報である。全般的にマニュアル車の場合、JC08と実燃費の乖離が少ない傾向。マツダのディーゼル車のマニュアルなんかけっこう良い数字出ます。一流と言われるメディアにこんな記者が多いから妙な記事も出る。

G7でアベさんは「リーマンショック級の危機が来ているので財政出動を」とウワゴトのように言ってるそうな。なんでも原油価格などの下げ幅が50%に達したというデータを見せているらしい。そらそうだ。原油価格だけ大幅に下落したけれど、こらもうサウジアラビアの意地であり、景気と関係無し。当然ながら他の国は「はぁ?」という状況でございます。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ