自動車は排気量による重課税。キャンピングカーなどもLPガス規制(3日)

日本の報道を見ているとトランプ大統領の悪い面ばかりクローズアップしているように思う。確かにエキセントリックだけれど、こんな人を選びたくなるほどオバマ元大統領はアカンかったということなのだ。実際、高く評価されるオバマさんながら、暗黒面も持っている。

直近の2年間で落とした爆弾は実に4万9315発と発表された。例えばパキスタンに対する無人機での爆撃をみると、373回。その前のブッシュ政権時は8年間で51回である。もちろん無人機の爆撃なので、罪の無い民間人も巻き添えを食っていることは想像に難くない。

片っぽで紳士の顔しながら、純粋な戦争状態でない国に対し無人機で一方的にミサイルを打ち込むなんていかがか? トランプ政権のマッドドック氏(アメリカだとカッコ良いイメージです)は、そんな陰湿なことなどしないだろう。評価出来るのは広島に来たことのみです。

自動車の問題だって同じ。戦々恐々としている人も多いけれど、アメリカと長い間の折衝により譲るところは譲ってきた。強いて言えば直近で日本からの輸出が増えていたりメキシコ工場の稼働など若干痛い腹はありますけど。アメリカに主軸を置く方向で是正していくしかないだろう。

日本でアメリカ車を売る話だって粛々と進めれば良いだけ。外野達は「左ハンドルしか無い」とか「魅力無い」などというけれど、そういった「何でも反対君」達についちゃどうせ買わん。そもそも誰も損する話じゃ無い。アメリカ車に乗ってみたい人が、妥当な価格で買えるようになるだけ。

1991年にアメリカから持ってきたモーターホーム

他の産業と違い、日本の自動車メーカーは奥行きある。アメリカ車の販売に関する非関税障壁を無くしたってどこも文句言わないだろう。むしろ協力する可能性の方が大きい。トヨタのディーラーでキャデラックを扱って欲しいと頼まれたら、きっと断らないです。

続いてフォード・エコノラインのコーチメンを買ってきた

昨日からキャンピングカーショーをやっているが、この分野もアメリカは魅力的な製品をたくさん持っている。自動車税さえ安ければ欲しいモーターホーム多い。100万円台のキャンピングトレーラーにも素敵な商品が多数。LPガスの規制など解除してやれば相当売れる。

為替だって1ドル=115円は購買能力など考えれば明らかな円安だと思う。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ