自転車取り締まり(5日)

自転車の取り締まり強化が始まって5日目。気のせいか無謀な自転車乗りに出くわす頻度は減った。一方、拡大解釈な取り締まりを行っているようだ。一番の「なんだよ!」は「信号の停止線を越えているから信号無視」という解釈。そら厳密すぎて警察官や法曹関係者だって捕まる。

スマホや携帯の使用も、停止中なら問題ないのだけれど(信号待ちは運転中に含まれる)、着信あったので停止して電話してたら切符切られたという人もいます。切符切られたら抗議する方法無し。今後しばらくデタラメな取り締まりは行われると思う。十分に御注意のほど。

年金機構の情報漏出問題、もはやデタラメである。飲食業の場合「調理の前に汚れた手を洗う」というのはマニュアルや規則じゃ無く、常識だ。そういった常識を理解出来ない輩達に、重要な情報を扱わせる、というのはウンコ付いた手で作った料理を食わされるのと同じこと。

100歩譲って、政府が「年金機構で働いてるのがオタンコやバカや社会常識の無い連中ばかりで、マイナンバー制度を扱う部門は常識のある人ばかりです」と明言出来るならいい。されどマイナンバー制度始まれば、きっと様々な問題が出てくるのだろう。

TV見てたら提灯ゲストに「引っ越しの時は転出と転入手続きそれぞれ必要になりますが、マイナンバー制度始まれば転入手続きだけでOK。各種証明書の交付も簡単になります」と説明され、感心している司会者なんかいたりして。キミは1年に何回も引っ越ししたりクルマ買ったりするのね。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ