輸入車試乗会に行って評判の大磯食堂で昼ご飯(4日)

大磯でJAIAの試乗会。普段あまり乗らないような車種を気軽に試せるというのが大いに嬉しい。例えば6,2リッターV8を搭載するキャデラックのエスカレード。フル装備で1200万円はレクサスLX570の価格を考えれば納得出来る。285/45の22インチタイヤに驚く。自分のクルマにしようと思わないけど、ボディも少しカッチリしてればクルマ好きのお金持ちにすすめたい。

2043

けっこう期待してたのが新型Vクラス。2,2リッターディーゼルで燃費良い。価格も500万円台からと高くない。チャイルドシートのISOフィックスアタッチメントが4席分付いているのも魅力である。孫3人いる家のクルマの最有力候補でした。しか~し! 乗るとボディ緩く、乗り心地も期待値に届かず。このジャンル、日本車の方が上等だし上手かもしれません。

2042

一方、期待値を大きく上回ったのが1,2リッターターボ搭載のカングーのZEN。肩からチカラ抜けており乗り心地良いし広い! 250万円少々という価格も魅力的だ。本国には3列シート仕様やディーゼルなんかあります。こいつの3列シート仕様あれば、購入したくなったろう。キワモノ好きのルノーが3列シート仕様を日本に持ってこないのか不思議でならぬ。

2042

同じく期待値を大きく上回ったのがV60クロスカントリーのD4。V60ってこんなにシャッキリしてたっけ、と思った。トルクフルな190馬力のD4エンジンとのマッチングも良い。ハーマンカードンの上質なオーディオは気に入りましたね。最近のボルボ、なんだか良い感じ。もちろん「ブツからない技術」は世界イチ。オプション付けなければ500万円以下なんだから嬉しい。

2044

お昼は最近人気だという大磯の『めしや大磯港』を試す。11時には行った方がよいと言われていたけど、ダメなら諦めれば良いだけ。13時くらいに行くと、メニューは二択となっており、カマスの焼き魚と地魚唐揚げ定食のみ。私は唐揚げ。永田が焼き魚を選ぶ。ということで出てきたのが下の内容。唐揚げをカマスの焼き魚に変えれば永田の頼んだ定食になります。

2041

イワシの唐揚げ5匹と、このあたりで最も安い食材であるイナダの刺身3切れ。シーバスとなんかの切り身を唐揚げにしたものである。味は普段から鮮度のあるサカナを食べているなら普通。コレでいくらだと思いますか? 漁港だし、ほとんどお金にならなら魚種ばかりとあって安いのかと思いきや、1300円だって! 800円ならまぁまぁの評価をしますけどね~。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ