キビシイ修行

富津岬での撮影終了後、帰り道に早めのお昼を食べるべくサカナ屋さんへ。昨年までなら絶対に千葉のお店など入らなかった。千葉にゃ美味しい店が無いと55年間思っていましたから。しかし! 喜多見さんが連れて行ってくれる店は全て美味しい! 観察すると「基本的に地元の人しか来ない」という共通の傾向がある。

最近少し千葉のお店選びに自信をつけたので、本日自分で決めました。観光地の富津岬じゃ無く、国道16号線沿いの店でございます。するとどうよ! 華々しく玉砕す! マズかった。そして高かった! ちなみに頼んだのは、オバサンにすすめられた『カレイの唐揚げ定食』。1300円ナリ。

喜多見さんの近所の店はアジフライ(単品は350円。定食で750円だったと思う)が美味しい。この店のアジフライ定食は850円。単品で頼めるかと聞いたら「あります」。じゃ追加してください、てんで出てきたのが下の写真。子供の手のひらサイズのカレイの唐揚げが3枚。アジフライ3枚。

2281_003

ちっちゃいアジフライ3枚で800円!

食べてみると「う〜ん!」。そもそも味がしない。そらそうだ。小さいカレイって淡泊。だから市場じゃ商品にならない。しかも揚げ具合が足りず、ホネはカッたいまんま! アジも臭みが出てしまっており、ウチの近所のスーパーよりあきません! 泣きながら食べてお会計したら、2100円なり。やっぱ千葉でした。

尻尾巻いて運転してたら、TVでダイオウイカを取り上げている。アブナイっての! 絶対近寄らない方がいい。というか、イキの良いダイオウイカに海中で出会ったら、もはや喰われていると思う。さかなクンもキチンと「海のハンター。アブナイ」と言ってるのに、TVの人達は凄い凄いと無邪気なモンです。

私は海底や遠方が見えない海に入るとウミボウズにヤラレルと思っている。みんな笑うけど、体長2mのイカに出会ったらオシマイだ。1,5mのタルイカ(沖縄だとセイイカ)だって襲われたらナイフ持ってないとカジられることだろう。ウエットスーツ着てなければヤバいかもしれません。

もし気候や海況の変化で大型のイカがニンゲンの行動範囲に出てくるようになったら恐ろしい! サメなどを圧倒する凶暴さですから。だからダイビングも透明度良くて暖かい海でしかしないし、深いところで水上バイクに乗るのも怖い。だって海に放り出されたらイカに喰われちゃうでしょ。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ