クルマが楽しい

雨の中、かずさオークラホテルまで。アコードHVの試乗会でございます。500万円のPHVは「?」を10個付けておく。だってHVの電池を5,4kWh分増やしただけ。今や電池なんか1kWhあたり4万円くらい。上を見て30万円高でしょう。そいつを140万円も高く売ろうというのだから無理。

ワケワカラン官公庁に買って貰おうという作戦なのだった。官公庁も安pon短だから買う。アウトランダーPHEVなんか4WDだし、電池をアコードHVの2倍も積んだ革シートフル装備車で437万円なのだ。そう考えると三菱自動車は頑張ったと思う。アウトランダーPHEVを大いに応援したい。

普通のアコードHVについちゃ上々である。ただクルマ好きの私が「アテンザDのマニュアルと迷ったらドッチを選ぶのよ?」と聞いてきます。瞬時も迷わずアテンザDだ(アテンザDのATなら瞬時も迷わずアコードHVを選ぶ)。いや、買うならアクセラDでしょうけど。アテンザのチーフエンジニアである梶山さんは良い仕事をした。

6261_2

次期型アクセラ

最近少しづつ「楽しいクルマが出てきましたね」ということに気づく。今、V40の他、アテンザDとマイナー後のリーフがウチにあるのだけれど、出かけるときに悩む! みんな楽しくて「ドレに乗ろうか?」です。マイナー後のリーフはハッキリ足が伸びており、もはや長距離だって躊躇しないで済む。

クルマって楽しいモンダッタナ、ということを思い出す。1台でやるならアクセラDのマニュアルでしょうね。じゃなければV40。2台持ち出来る人は、近距離主体にリーフ。長距離用にアクセラDかV40。すぐ欲しいのであればアテンザDだ。人生残り少ない。だったら楽しいクルマに乗るべきです!

うなぎの入荷少なければ店を早じまいにしようかと覚悟していたが、今日はオーダーしてた10kg入ってきた。されどお昼の時間帯はお客様7人だけ。閑古鳥カカカカです。夜になって短時間ラッシュ。ゴハン無くなりやっぱし早じまい。しくしく。明日以降も、うなぎが入って来るかどうかの綱渡りである。 


3 Responses to “クルマが楽しい”

  1. カラ付きカキ より:

    アテンザDのMT、発売当初はどこにも試乗車がなかったんですが、今だと東京神奈川とか広島山口には少数あるみたいですね。昔住んでいたけどいずれも今は遠い…しかし、MTの価格設定が割高なのが気に食わないんですよね。

  2. applefanjp より:

    師匠、いやあ、アクセラ!
    素直にかっこいいですよね。
    CX-5を低く、少し小さくして・・・。
    これって、ちょっと下駄を履かせるだけで
    アクセラのSUVバージョンのCX-3になりますよね。
    たぶん、そうなると思ったんですけど?

  3. 昼間点灯派 より:

    ほんとうにクルマって楽しいです。
    11年ぶりに乗り換えたら、まるでタイムマシンです。
    技術はすごい、アイサイトはまるでクルマが意志を持
    っているかのようです。
    その昔、重ステでパワーいるンドーでも楽しかったで
    すが、年齢を重ねるとまた違った楽しみがあります。
    次の10年後も楽しみですね。

このページの先頭へ