ステップワゴン、中古車は安くてお買い得!(26日)

2人目の子供や孫が生まれたら(祝)、やっぱし3列シートのミニバンでしょう! なかでも5ナンバーのフルサイズミニバンは、使い勝手とコストパフォーマンスを考えたらベストバランスだと思う。私の場合「2人目の孫」によって背中を押されました。さ~てさて。新型セレナが出た今、買うならノア3兄弟とステップワゴンのどれを選んだらいいだろうか?

3291

本日、所用あり宇都宮までスタッドレスタイヤ履いたステップワゴン。あまり話題にならないけれど、日本車にゃ珍しい本格的なダウンサイジング過給エンジンを搭載している。ライバル達は2リッター級エンジンを搭載するが、1,5リッターターボです。ノア3兄弟やセレナと比べ抜群にエンジンフィール良い! とても軽快だし振動&騒音だってマイルド。

ただ実用燃費がイマイチ伸び悩む。今回も100km/hにクルコンをセットして13km/Lといった感じ。ライバルの2リッターターボ無しエンジンに実用燃費で届かず。JC08燃費をチェックしてみたら、セレナは16,6km/L(17,2km/Lというグレードも)でステップワゴンの16km/Lより良い。ノア3兄弟は16km/Lながら、車重が100kg軽く実用燃費との乖離少ない。

エンジンパワーやいかに? それぞれ馬力/トルクを上げると、ステップワゴン150馬力/203Nm。ノア152馬力/193Nm。セレナ150馬力/200Nmといった具合。車重差などあり、ノアが最もパワフルに感じます。もっといえば、ダウンサイジングターボなのにノアより100kg重いというあたりで厳しい。客観的に評価してみたら、勝っているブブン無し(泣)。

本格的にダウンサイジング過給エンジンのメリットを追求しようとしたら、1000ccの3気筒ターボくらいでステップワゴンのボディを走らせないと難しいかもしれません。1500ccターボで勝負する場合、2000ccの実用燃費と2500ccくらいのパフォーマンス狙いですね。そもそもコスト的にノアのような普通のポート噴射エンジンの方が圧倒的に安いと思う。

ただ個人的には今も総合評価でクラストップだったりする。半分ずつ横に開くリアドアの使い勝手が気に入っているし、前述の通り燃費こそ良くないけれど回り方は気持ちよい。なにより自動ブレーキの性能で優勢。JNCAPの試験データだと50km/hから自動停止(ノアは50km/hで1回失敗。セレナの場合、40km/hまでしか停止出来ないようだ)。

自動ブレーキ性能だけ考えればノアでも納得出来るものの、残念ながらアダプティブクルーズコントロールの設定無し(ステップワゴンのアダプティブクルコンも超出来悪いが無いより良い)。セレナのプロパイロットは魅力的ながら、自動ブレーキ性能が物足りない。現在購入を考えているならステップワゴンの値引き迫るか、走行距離少ない中古車をすすめておく。


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ